検索
  • ミズコウアキヒコ

アルファ 147 TS ドカティコルセ仕様 試運転リポート

最終更新: 11月3日

岡山から京都へ試運転に来ています。


車検と前回のブログ記事の内容の事前整備を終えて、いよいよ実走行テストです。

高速道路や街中で実際に動かしてみて感じをリポートします。



岡山を出発して、すぐに高速に乗ったんですが、ツインスパークエンジンのフィーリングとそのドカティコルセ専用マフラーから出るエキゾーストノートに酔いしれました(笑)様々な車種のツインスパーク搭載車には乗っているワタシですが、恐らくNUTEC ZZ-03と燃料に入れているNC-220(入れるだけでパワーアップするんです)と、そして何よりドカティコルセのエキゾーストマフラーのセッティングのおかげなのか、CITYモード(ATモード)で走っていても、シートに押しつけられるほどのトルク感がありました。巷の社外ステンレスマフラーは、抜けが良すぎてトルクバンドが上がったりして、低速でのパワー不足を感じたりしますが、これは皆無。それに高速巡航でステンレスマフラーでよくある、ボディ下部と高周波の嫌な共鳴音もありません(驚)もう追い越しとか、その走りと音が楽しすぎて、ついついスピードを出しすぎ、姫路でスピード違反で捕まりました(実話です...号泣)



いざ、京都の街中でもスムーズで力強い走りは健在。キビキビと小気味良いサウンドと走りが楽しめます。ただ、難を言えば18インチで40扁平のタイヤが路面の状態の悪いところではガタガタとしますし、轍にはハンドルを取られます(苦笑)でもねぇ↑カッコイイから許す(笑)また結構日中は暑かったんですがエアコンガスに入れたNC-200がいい仕事してガンガンにエアコンが効きます。もちろん、京都の街中の狭い道の切り返しでも、ZZ-51改の高性能な低フリクション、高い極圧性、高伝達効率、高温粘度の安定化性能でポンプの唸りも皆無です。



そして、今回の最大の発見は、この個体のセレユニットの好調さです。朝一番のポンプの動作音も非常に静かで、あっと言う間に収まります。これはポンプ自体の状態が良いのはもちろん、他のセレユニットにあまりヤレが無く、すぐに作動に必要な油圧に達するからです。予め各部の漏れがないのは確認し、セレオイルの状態も見ました。この個体はディーラーでメンテされていた個体だと思われます。ただし、昨今は個人情報の漏洩がイヤで整備記録がありませんが、前回の車検の点検ステッカーがアルファロメオ世田谷(チェッカーモータースさん)なので、間違いないでしょう。なので、セレオイルも交換してある様子で非常にキレイでしたし、量ももちろん適量入っており、そこはそのままの状態で試運転をしてますがこの年式で、この小さい動作音や、素早い油圧の上昇は稀です。ほぼ新車時の雰囲気です。また、ミッションオイル自体はZZ-31で交換済みなので、シフトの入る音も殆どしません。これは本当に秀逸な状態と言えるでしょう。なので、これは一つの選択肢なんですが、前の記事に書いてある、セレユニット全体のフルオーバーホールは必要ないかも知れないと感じてもいます。今までのメンテナンスのおかげで、優良な状態を保っている稀な個体だと確信しました。今のセレオイルを全部抜いて、性能アップとシール類保護の予防を兼ねての

ZZ-51改の循環全量交換でも行けるような気がします。そうなってくると、その費用がかかりませんので、大幅な車両本体の値引きも可能になります。もし、もう少し安かったらなぁって思ってる方は、ぜひお早めにご相談ください。その他の車両の状態なども併せて、相談しながら検討してみてくださいね。では、せっかくなので撮影した画像をプレゼントです。





2008年式ALFA 147 SELESPEED ドカティコルセ仕様 黒メタリック・タン皮シート

車両本体価格:1,200,000- 売約済みとなりました、ありがとうございました。


車検:令和4年10月22日 走行距離:33000km (乗りますので多少変わります)

装備品:ドカティコルセ専用18インチホイル+ブリジストンポテンザS001 7部山

ドカティコルセ専用リヤマフラー・ドカティコルセ専用ステンレスドアミラー等

+上記の車両本体価格は、内外装及び機関整備仕上げ済みでのお値段ですので、例えば塗装は現車を観て自分で判断し(そのままでもみっともないほどではない)知り合いに安くしてもらうとか、4万キロ交換推奨のタイミングベルト交換は、後で実費でされるとか、漏れも作動も問題ないセレユニットはそのままでとか(←意外と行けるかも)そこまでしなくても良い場合にはお話し合いの上でお値引きしますのでご相談くださいね。

+また業者様でも、まだしてない作業を自社でされるなら業販は可能ですご相談下さい。

+納車点検の際に、ショックやバネを換えたいとか、エアフィルターやACフィルター等も純正相当品で交換予定ですが、社外品などに換装希望の場合はお申し出下さい。あ、ステンマフラーは現車を確認してからにしてください。見た目はあれですが(ヲイ)ドカティコルセマフラー侮れません(また映像掲載しますが)うるさすぎない落ち着いた音ですが、案外骨太でしっかりとしたサウンドを奏でます。また、さすがドカティコルセ監修だけあり、抜け過ぎずにセレスピードのトルクバンドを殺さない作りで秀逸でした。オートモードでアクセルを踏み込んでも、しっかりシートに押し付けられるくらい力強く走ってくれます。ステンレス製で抜けの良すぎるマフラーでは、トルクバンドがあがり、低速でイマイチ力が出ない印象がありますが、これは違いました。個人的には非常に気に入ったので、確認せずに交換はもったいない気がします。


+車検を受けて試運転をしています。ブログに車両の状態などと併せて追記します。


車両本体価格以外に必要な経費


消費税・自動車税の月割り分・自賠責保険料の月割り分・リサイクル費用・陸送費用(ご希望であれば)車庫証明費用(ご自身ないしは地元の行政書士に依頼するほうがお得です)名義変更費用(ご希望であれば)など、ご希望の内容により変わりますので、気になる方はお早めにお問い合わせくださいね。

info@giallo-garage.com

お問い合わせフォーム

34回の閲覧

Copyright © 2020 giallo garage s.r.l . All Rights Reserved. 輸入中古車販売業 古物商 第721020017798号​

  • Googleはソーシャルアイコンを再生します
  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon