• ミズコウアキヒコ

セレスピードユニットの修理の件



このアルファ156スポーツワゴンは、プロモーションのためにヤフオクに出してます。


決してオークション形式ではなく、車両本体価格が落札価格で、その他に税金類、保険料、諸費用などは別途かかります。


その出品からたくさんのお問合せをいただいていますが、一番多いのが、ご自身の車両のセレユニットの修理に関するお問い合わせです(苦笑)


この車両の納車点検でする作業は、幾らくらいかかるのか?と言うご質問です。


セレポンプOH、高圧ホース作成、アクチュエイターOH、アキュムレーター新品交換、セレオイルをNUTEC ZZ-51改に交換、漏れ止めのNC-60ATplusを注入、電流の流れ改善等々。


まあ、何をどこまでするのか?ではありますが、ざっくりではありますが、ご請求額は50万円台~80万円台前後になるかと・・・。


ただし、当方も顧客や売約車の点検整備などで手一杯なので、お請け出来ません。



まあ、ホントに6万キロくらいから、セレユニットの部品は次々に不具合が出てきます。


上記の他に、街中で渋滞が多い状態での使用だと、クラッチも半クラ状態が続いていますので、クラッチ交換の必要性も出て来ます。


この現車も、僅か5万キロくらいで交換されています。


恐らく東京都内での使用だったので、それほどまでに早い時期での交換だったんでしょう。


田舎道なら、そんなに早く交換は不要ですが・・・。


これも、納車時にお客様にお伝えしますが、前の車両が動き出しても、そのままじっとしておいて、距離が離れたら思いきってアクセルを踏み込んでスタートする。


こうすれば、半クラ状態を回避出来ますから。



まあ、しかしもうすぐ20年が経つ車両ですので、これ以外にも不安材料はいっぱいです。


ワタシでも、素人ならヤフオクなんかで怖くて買えません(苦笑)


仕入れで何度もヤフオクから購入した事がありますが、まあ本当に良い状態の車両なんてありませんからね。


人間には、所有している物の価値を高く見積もる心理がありますので、持ち主がキレイで調子が良いと言うのは、悪意の有無とは関係なく、あてになりません(苦笑)


なので、ワタシも部品商や販売店でコストを抑えられない素人であれば、多少高くとも、経験や知識や技術のある専門の工場やショップで買います。


まあ、うちほど手を入れて納車する業者はいませんけどね・・・


オイル交換だけしてハイどうぞ!のお店も同様ですが、古いから壊れるのは当たり前。


幾ら車両本体を安く手に入れても、あとからあとから壊れてお金がかかるのは、非常に強いストレスになりますし、初めから手を入れてある、多少金額の高い車両を買う方がはるかにコスパが良いと思います。


何度も言いますが中古車の購入こそ「安物買いの銭失い」が当然の世界ですから。


買い方を間違うと、地獄を見る羽目になりますよ。




閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示