• ミズコウアキヒコ

点検整備の内容で安くなる方法

今日は、先日お問合せされた方へのご返答を、参考までに書いておきます。


その方はご予算がないと言うことで、うちのいつもする整備を少し省いて安くならないか?と言う趣旨のお問合せでした。



一応、予定している整備の中で、売れてからする整備について、省けるモノをご提案したんですが・・・。


すでに、この作業はエンジン内部に溶剤を入れて洗浄中です。


燃料に入れる添加剤は、まだ内外装の仕上げから戻りませんので、そこまでで止めるなら幾らかは安くなります。


また、ご契約後の点検整備で行う予定のこの作業も、しないならお安くなります。


それに、履歴にあるタイミングベルト&テンショナー交換履歴からは、あと数万キロが交換時期ではありますが、正規ディーラーじゃないヤナセさんの工場での施工のため、バルブタイミングが正確に合ってないような気がして、やり直して納車しようかと思ってます。


ただ、素人の方が乗っても、そのエンジンフィールに違いはほぼ判りませんし、それでエンジンが壊れることもないと思います。


本来のツインスパークエンジンのフィールを知らないならなおさら。


なので、これも省けると言えば省けます。



また、今回作業中の内外装の手直しの次に予定している、二番目に高い部品・工賃・油脂類の代金となるであろう、セレスピードユニットの完全オーバーホール。


これも、現時点ではどこも悪くはないので、おおまかにオイル漏れだけ点検整備して、油脂類交換と、漏れ止めの添加でやり過ごすのなら、また幾らかはお安くなります。


ただ・・・



この現車も、数万キロ前にアキュムレーターは新品交換した履歴はありますし、正規ディーラーとヤナセで定期点検整備をされていた素性の良い個体ではありますが、その他の部位がいつ壊れるかは誰にもわかりません・・・。


逆に言えば、いつ壊れてもおかしくない年式であり、走行距離なので、事前にしておく以外に回避する方法はありません。


まあ、日本全国津々浦々見回しても、ここまでする中古車販売店も、専門店も皆無で、漏れ点検整備と油脂類交換で納車が、ごく普通の対応なので、おかしくはありません。


だからうちより安く売り出せるんですから(苦笑)



それと、その方にはちゃんとお伝えはしたんですが、予算がないからこそ、納車前にしっかり整備をして、後々の急な出費が無いように回避しておいたほうが、経済的にも精神的にももっとも負担が少ないと思うんです。


予定していた整備を省いて、あとから壊れてお金がかかる方が困りませんか?


また一気にしたら、作業が重複する部分の工賃は掛かりませんので、かえって経済的です。


一部だけ作業して、周囲も取り外してまた取り付けると二度手間三度手間になり、重複する工賃がその都度掛かりますので。


むしろ出費が高くなる選択と言っても過言ではありません。



大事な事なので、何度も言いますが、例えば素人の方がヤフオク等の個人売買で同じ車種を手に入れて、内外装仕上げ、機関整備をうちと同じレベルの状態にしたとします。


ちなみに、この車両も元のオーナーからは、右リヤのパネルの凹み以外には、大きな傷や凹みはありませんと聞いて仕入れております。


でも、現車を見るとご覧のように、10か所程度の磨いても消えない傷、フロントのヘッドライトは片方が割れてたので中古のライトで対応してHID化、リヤはバンパーを外せば思いのほか強く当たっており、あわやトランク内のパネルまで押されてしまうかと(そうなると修復歴あり通称事故車の査定になります)言うような状態で、おまけにテールゲートと、テールレンズの周囲のチリが合わないと思いきや、テールゲート自体が歪んでおり、板金しても治らないかと思い、中古を探しに探して丸ごと交換します。


元のオーナーさんが、悪意があるのか無いのかは別にして、素人見立ての「キレイ」「調子が良い」はプロが売り物として仕上げる際には、1mmも信用出来ません(苦笑)


また、シートの擦れも気になったので、これまた中古の程度の良いタン皮内装とシートをに入手して、全部交換しております。


そのついでに音の割れたスピーカーとツイーターも全数ナカミチの新品に換装します。


ちなみに、これ全部素人の方がした場合、支払額は80万円を超えます(怖)


その上で、上記の予定してる作業をしたら、素人の方が10万円で安く入手されても、この現車の価格の148万円は遥かに超える総額となります。


そう、むしろ完全整備でキレイな状態で乗ろうと思えば、うちの出してる値段で買う方が経済的にも、精神的にも、遥かに安心安全に乗り始められ、維持も楽になります。



まあ、それでも人間と言うのは認知の歪みから「自分だけはそんな目に遭わない」とたかをくくる生き物でして、ついつい値段の安さだけを見て、大損するんですけどね・・・。


ま、うち以外で買う方は、恐れおののきながらアルファロメオの洗礼を受けてください。


うちで買った方は、キレイで調子も良く、お利口さんのアルファロメオと、故障を恐れることもなく、末永く楽しんでいただける事をお約束します。


中古車の購入は「安物買いの銭失い」が常識ですよ。

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示